本文へ移動

お客様の声

新潟県『地域おこし協力隊』の鈴木暁慈朗さんが鹿を捕獲しました✨ 2023/10/26

新潟県地域おこし協力隊の鈴木さんより初めての鹿捕獲の連絡がありましたのでご紹介します。

初めて長岡でシカが獲れたので報告します
罠の設置から捕獲までは、約56日です。
罠のメンテナンスを34日経過した日にしました。
メンテナンス内容は
①ボックス内にある土を掘り起こしてほぐす
②アームを邪魔するような根っこを切る
③罠の前後のけものみちを整える。
最後の目視確認からは1週間以上経っていて、すでに死んでいたシカを発見したので、確実な捕獲日は分かりません。
残念ながら発見時は死んでおり、腐敗していたので全体写真はありません・・・。
立派な角の写真はお送ります!

【社長:和田三生より】
シカの捕獲おめでとうございます。
死んでいたことは残念ですが、24年にわたり北海道でエゾシカを獲っていたので、そういうことも経験があります。

罠をかけたところは斜面ではなかったですか❓
くくった木と足のワイヤーが長かったのではないですか❓
シカは転んで起き上がれないとすぐに死んでしまいます。
ワイヤーが長いとぴょんぴょんと飛び跳ねた先で枝などにからまって倒れます。
ここがイノシシとは違います。

シカを獲るときは見回りは毎日したほうがいいでしょう。
あとはシカはいまの時期、交尾期でオスは特に動き回ります。
罠にかかりやすいですね。
そして、オスがいるというときはメスのシカも1キロ以内にいるでしょう。
夕方に山の中で静かに音を聞いてください。ピーピーと鳴き声が聞こえるはずです。

シカを獲るときの罠は、風通しの良い、開けたところが良いです。
顔の位置が高いので、見通しが良いところを好みます。
またかけてみてください、すぐにでもかかるでしょう。

大切なことは、良い罠で良い腕をもって罠をかけること。
逃がさずにスレ個体を作らないことです。
それができればかかります。

次も頑張ってください。
おめでとうございます。

青森県十和田市のお客様より 2023/7/8

昨年は研修会ありがとうございました。
7月1日に仕掛けた罠に115キロ(オス)のイノシシが、7月7日にかかりました!
捕獲から回収まで行ったのは三生塾の研修生です。
三生さんの罠で大イノシシ捕獲で、まずは実績ができ一安心しました、今後ともご指導よろしくお願いします。
使用された罠:SMD-0-5 FB-18 板バネ0.6

【三生より】
115キロのイノシシ捕獲おめでとうございます✨
ユンボで吊り上げている写真が印象的だったのでこちらの写真を紹介させて頂きました。

福岡県鞍手郡のお客様より 2023/5/16

ご要望にお応えする最適なご提案
 丁寧なご指導のおかげで大きいのが一匹取れました
ありがとうございました。
 あとお尋ねですが、この季節、小ちゃいイノシシも一緒にいるのでしょうか❓❓
 まだ、獲れますかね❓❓
 使用された罠:箱罠 片扉(成獣専用)

【三生より】
猪の場合、成獣になりメスは交尾が来るのが30㎏~35㎏に成長してからです!
この猪の場合、写真を見る限りメスで妊娠している様にみえます。
この猪には独立した兄弟がいると思われます、引き続き餌をやれば兄弟とその家族が捕獲出来ると思います。

北海道上川郡のお客様

ご指導を頂いた後、点検・ワイヤー交換し昨日セット、今朝ゲットしました。
少し下り気味の獣道にセットしました。
使用した罠:SMD-0-5 FB-18 板バネ0.7

【三生より】
北海道の80代のお客様です、三生塾の研修生で捕獲率90%の技術を習得されています。
罠を設置すると確実に捕獲されるので『3丁以上罠を設置すると地獄を見る』とおっしゃってました
※ 捕獲獣の回収が毎日で大変という意味のようです。

2024年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
休業日/土・日・祝祭日
株式会社三生
〒841-0061
佐賀県鳥栖市轟木町942
TEL.0942-83-3762
FAX.0942-83-3704
TOPへ戻る